Warning: mysqli_real_connect(): (HY000/2002): �ڑ��ς݂̌Ăяo���悪���̎��Ԃ�߂��Ă������������Ȃ��������߁A�ڑ��ł��܂���ł����B�܂��͐ڑ��ς݂̃z�X�g���������Ȃ��������߁A�m�����ꂽ�ڑ��͎��s���܂����B in C:\inetpub\wwwroot\blog\wp-includes\wp-db.php on line 1635

Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in C:\inetpub\wwwroot\blog\wp-includes\wp-db.php on line 1667
神戸市垂水区東垂水町│眼科医のブログ

「SPK(点状表層角膜炎)の診方、考え方、治し方@西明石」を聴講しました。

2022/8/6、西明石ホテルキャッスルプラザで、横井 則彦先生(京都府立医科大学眼科学教室 病院教授)の講演でした。 「臨床に活きるわかりみTips」を、ご披歴いただいたので、以下雑駁にご紹介する。 定番のドライアイの治療薬 BUT短縮型はジクアス。痛覚レセプターのアゴニストでしみるが、8割がたは1か月で慣れる。最初に「しみる」と言っておき、ステロイドを併用する。 糸状角膜炎型はムコスタ。ムコス […]

黄斑変性症治療薬 アイリーアについて

2022/7/23の「 第8回黄斑疾患フォーラム in Hanshin」を聴講しました。 第一演者は県立尼崎病院、茶木俊光先生で「加齢黄斑変性の治療でアイリーアにスイッチバックした症例」 ・1例目:ベオビュを使っていたが、動脈閉塞、静脈閉塞を起こしたのでアイリーアにスイッチした。・2例目:ベオビュにしたが効かず、アイリーアにスイッチしたら奏功した。 質疑応答 ・2例目で、なぜアイリーアが奏功したの […]

黄斑変性症治療の新薬 バビースモについて

2022年7月23日に、「バビースモ発売記念講演会 in 神戸」を聴講しました。講師は神戸大学楠原 仙太郎先生と三木明子先生でした。 基礎 ・従来の抗VEGF薬はVEGF(vascular endothelial growth factor、血管内皮細胞増殖因子)という悪玉因子のみが対象だった。・一方、この新薬はVEGFに加えてAng-2(Angiopoietin-2)という悪玉因子も対象である。 […]

センチュリオン設定

先日来、白内障手術機械のCenturionを使ってるが、他サージャンの設定を見せてもらうと、たった一つの設定で手術を全うしておられる方、多数。 業者さんに聞くと、特に日本で30歳以下の術者は、唯一設定を好むらし。今まで、マルチフェーズで細かく設定を使い分けてきた身として驚く。 距離別にクラブ使い分けてたのに→ドライバ一本で全コース回る。 苦労してカウンターあててたのに→AIでオートドリフト。 ex […]

近視啓発動画「進む近視をなんとかしよう大作戦の巻」

日本の眼科[1]に、近視啓発動画「進む近視をなんとかしよう大作戦の巻」が掲載されています。 近視マンなるものを介して、近視啓蒙を行う仕立て。 近視マンは目の健康を脅かすダークヒーローですが、弱点があります。それは子供たちがデジタル端末を正しく使い、屋外活動をすること。弱点を突けば、”近視マン”の胸にあるパワーインジケーターの目盛りが低下し最後にパワーが0になると吹き飛ばされ […]

前視野緑内障について

患者さんが「検診で視神経乳頭陥凹拡大を指摘されました」で来院。既に、ググリ済みで「緑内障ではないか?」と心配している。当院検査で「OCTで視神経繊維菲薄化」を認めるが、「視野検査は正常」の場合1.緑内障なのか、緑内障ではないのか?2.治療する必要があるのか、ないのか? 1.の答え=前視野緑内障 前視野緑内障(preperimetric glaucoma:PPG)眼底検査において緑内障性視神経乳頭所 […]

眼瞼痙攣と片側顔面痙攣

両者はボトックスが奏功する点では共通するが、かなり異なる疾患概念である。 眼瞼痙攣 片側顔面痙攣 両側性か片側性か 両側性 片側性 症状 心理的・感覚的要因がある。 心理的・感覚的要因がない。 第一選択の治療方法 ボトックス注射 外科治療。ボトックス注射を第一選択としてもよい。 症状 [1].眼瞼痙攣の症状 「眼瞼痙攣」という運動症状の疾患名にもかかわらず、眼科受診において最も多い眼瞼痙攣患者の主 […]

近視治療アトロピンの至適濃度

0.01%アトロピン点眼が世界標準なので、当院では1%アトロピンを100ml生理食塩水で希釈して作成しています。商用マイオピンには0.025%が掲載されているので、至適な濃度についての文献を検索してみました。 この文献は、0.01%,0.025%,0.05%の濃度を比較しており 2年間の追跡の結果、等価球面度数の平均進行度はアトロピン0.05%群で0.55±0.86D(一対比較でのP=0.015) […]

ミニウェル・レディ、ミニウェル・プロクサについて(2)

ミニウェル・レディの見え方について、日本語資料を入手しましたー。 夜間運転のシミュレーションは以下の通り。ハロー・グレアはほぼない。何なら単焦点レンズよりも少ないかしらん。 遠方から近方までの視力表の見え方シミュレーション。 さすがに、遠方の見え方は単焦点が一番よいかな。 今なぜ、このレンズが脚光を浴びているかについて考按する。 Sifi社からミニウェルがEDoFレンズの嚆矢として発売されたとき、 […]

ミニウェル・レディ、ミニウェル・プロクサについて

ミニウェル・プロクサについて問い合わせがありましたので、ミニウェル・レディとの違いなど書きます。 ミニウェル・レディ 以前のエントリーより再掲↓ EDoF(焦点深度拡張型レンズ)の先駆けとなったレンズで、アラガン社のsymphonyがでるまではEDoFレンズの代表でした。その後の一連のEDoFの流行の発端を作ったレンズで、現在でも、一部手術者に絶大な人気があります。 それは「ハロー、グレア、単眼複 […]

1 9