Warning: mysqli_real_connect(): (HY000/2002): �ڑ��ς݂̌Ăяo���悪���̎��Ԃ�߂��Ă������������Ȃ��������߁A�ڑ��ł��܂���ł����B�܂��͐ڑ��ς݂̃z�X�g���������Ȃ��������߁A�m�����ꂽ�ڑ��͎��s���܂����B in C:\inetpub\wwwroot\blog\wp-includes\wp-db.php on line 1635

Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in C:\inetpub\wwwroot\blog\wp-includes\wp-db.php on line 1667
白内障多焦点レンズの種類 │ 眼科医のブログ

白内障多焦点レンズの種類

この数年で、長足の進歩を遂げた「多焦点レンズ」について

名称レンティスコンフォートアイハンスシンフォニー     シナジーアクティブフォーカスパンオプティクス
光学部デザイン分節状屈折型(2焦点)高次非球面エシェレット回折型(2焦点)エシェレット回折型(2焦点)+回折型(2焦点)回折型(2焦点)回折型(3焦点)
特徴2 つの単焦点を組み合わせた独自の扇型デザイン。+1.5D のマ イル ドな加入度数により遠方・中間視力の獲得が期待される。近方は近用眼鏡が必要になる。単焦点レンズのいいところは残しつつ、見える範囲が広がったレンズ。近方では視力が低下するため、老眼鏡は基本的に必要となる。エシェレット回折により、広い焦点深度を持ち遠方から近方まで自然な見え方をする。(EDoFレンズ:Extended Depth of Focus:焦点深度拡張型レンズと呼ばれる)。加入度数は約+1.5D相当。EDoF型に、2焦点回折型を取り入れたモデル。連続焦点型と呼ばれる。PanOptixよりも近方を重視している。加入度数は公表なし。低加入度数で、2焦点ではあるが遠くからパソコンまで広い焦点深度を持つレンズ。ハロー、グレアが少なく、コントラスト感度も良好。シンフォニーより後に発売されたレンズ。加入度数は+2.5D実生活での作業に適した遠方・中間・近方にピントが合うように設計されている。2焦点眼内レンズに比べて眼鏡の依存度が低減。加入度数は、+2.17D +3.25D
焦点広い焦点:遠から中距離(∞~70cm)遠くだけでなく、料理やカーナビなど70cm程度の距離もある程度見えて、眼鏡を使う場面を少なくできるため注目されています。広い焦点:遠から中距離(∞~50cm)3焦点:遠方 (5m以上)、中間(60 cm ) 、近方(35cm)2焦点:遠方(5m以上)、近方(50cm)3焦点:遠方 (5m以上)、中間(60 cm ) 、近方(40cm)
光エネルギー配分遠方(55%) 近方(40%)遠方(ほぼ100%)
EDofなのでdataなしEDofを含むのでdataなし遠方69.4%近方18%遠方44%中間22%近方22%
光エネルギーロス5%ほぼ0%8%遠方8%、近方18%13%12%
ハロー・グレア(リビング)
ハロー・グレア(買物)
ハロー・グレア(夜間運転)
生産ドイツ(オキュレンティス社)アメリカ(AMO社)アメリカ(AMO社)アメリカ(AMO社)アメリカ(アルコン社)アメリカ(アルコン社)
レンズ代金(乱視なし)全額保険適応全額保険適応片眼 190,000 円片眼 270,000 円片眼 190,000 円片眼 270,000 円
レンズ代金(乱視あり)全額保険適応全額保険適応片眼 240,000 円片眼 330,000 円片眼 240,000 円片眼 330,000 円
推し度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
一言グレアが最も少なく夜間運転に適する。ほぼ単焦点レンズで、しかも中間距離がみえる。近方が弱い。PanOptixの対抗馬。関東では主流遠方がくっきり見え、夜間運転にも適する。近方には眼鏡が必要かも。最新型で全距離対応だが、近方距離が40cmでやや遠い。

【結論】

多焦点レンズを選ぶならPanOptix一択。ただし、夜間運転をするならLentis。

<2021/12/5追記>

保険適用、夜間運転ならアイハンス一択とします。現時点で究極のプレミアムレンズ。

<2022/6/26追記>

自費診療ならミニウェルフージョンシステムを推します。

<2020/12/28追記>

見え方のシミュレーションは、 比べてわかるレンズの違い がわかりやすいと思う。