2022年の当院の展望(説明編)

患者さんに分かりやすい説明をするのは、実に難しい。 当院では、医師が概略を説明し、スタッフがタブレット呈示し、会計でその用紙をお渡し、Web上でも存分に御覧じろとというスタイルだ。 試行錯誤と自分自身の体験から、上記がベストだと信じている。 が、己が信じているからと言って、患者さんがすべからく納得できておるかとゆーと、、その一点において、甚だ疑問である。特に、待ち時間が長いというお叱りの聲あり。 […]

2022年の当院の展望(手術編)

当院の白内障手術は量を追わず、短時間手術も求めず、じっくり、丁寧、無痛な手術。そして、角膜浮腫が一切なく翌日から翌日からはっきり見える、を目指している。 上記目標については、ほぼ々々達成できている。 加えて、2021年11月からは、眼内レンズにはアイハンスを積極採用しており、遠方視力を保ちつ、かつ、中間視力も獲得できるようにした。しかも、グレアハローは僅少なのである。 そういう意味において、白内障 […]

「障害年金の診断基準が変更になります」について

んん?とおもったので、日本年金機構へ問い合わせたところ、「今回はあくまで、障害年金のみの変更で、障害者手帳については変更はありません」 微妙にやりにくい。障害者手帳と障害年金は似て非なるというか、障害者手帳∋障害年金のようである[1] 障害者手帳 障害者手帳の制度 障害者手帳の診断基準 障害年金 障害年金の制度 障害年金の診断基準 障害年金の診断基準の変更点 結論 眼の障害で2級または3級の障害年 […]

AIによる診断

「医⽤⼈⼯知能の活⽤ ―AIによる新たな臨床的知⾒の創出―」日本の眼科2021年11月号を読んだ。 教師あり学習から得られる気付きとして、 眼底画像から年齢・性別・⾎圧などを⾼精度で予測するアルゴリズムにおいて拡張期血圧の予測には血管(29%)よりも血管や乳頭以外の部分(97%)に着⽬しているとされ,ここからは例えば,「拡張期血圧の予測には脈絡膜血管の状態が重要かもしれない」などと考察することがで […]

美容レーザーでドライアイ治療

「美容レーザーのIPL(Intense pulsed light)でドライアイ治療を行う」ときくので、情報を収集してみた。 すると、、 ●IPLは、本来は酒皶という皮膚科領域の治療レーザーである[1]。☜酒皶とは、酒飲みの「赤ら鼻」●2003年ごろから、MGD(Meibomian gland dysfunction=マイボーム腺機能不全)によるドライアイ治療に応用されてきた[2]。 ドライアイで実 […]

AMOテクニスのアイハンス眼内レンズについて

日本国内では2021年11月から新発売のレンズである。高次非球面設計により、単焦点レンズのいいところは残しつつ、見える範囲が広がったレンズとされる[1] デフォーカス曲線は以下の通りである。 「通常は認識しない高度収差のパワーを中間距離に振った」ということのようで、AMOが得意とする焦点深度拡張の亜型ともいえる。グレアやハローも単焦点レンズと同程度である[2]。 保険適用できる視覚領域の拡張レンズ […]

AMOテクニスのシナジー眼内レンズについて

AMOテクニスのシナジーレンズは連続焦点型と称されている。MRさんの話では、EDoF型(=焦点深化型)と差別化する目的で、商業的につけられた名前ということである。英文論文でも、continuous range of vision presbyopia correcting IOL と紹介されている[1] 実は、この連続焦点型の実態は従来の2焦点型レンズと、EDoF型レンズを合わせたものであり、「近 […]

第68回神戸眼科臨床懇話会を受講しました(レンティスコンフォート関連)

ほぼ2年ぶりの実会場での勉強会でしたが、受講者はまばらだった。 演題は、稲村眼科クリニック 稲村幹夫先生による、「最近の単焦点・多焦点レンズ選びと私の経験」 稲村先生も息の長い先生である。白内障サージャンは、昔の名前で出てる人が多い。手術方法の根幹部はあまり変わっていないからだろう。 レンティスコンフォートに関する話題が主で、 遠方・近方をしっかり見たい人にはコンフォートは難しい。中間距離が大事な […]

近視の鍼灸治療について

鍼灸により、近視を治療する?!という話を聞いたので少し調べてみた。 Acupuncture for adolescents with mild-to-moderate myopia: study protocol for a randomized controlled trial (nih.gov) によると、 中国では近視治療に鍼が広く使われている。 しかし、中国以外では疑問視されているので、効 […]

第8回兵庫県眼科オープンカンファレンスを受講しました。

東京大学講師小畑亮先生の「加齢黄斑変性の薪炭度長期管理、病診連携」について書く。 東大眼科では萎縮型AMDに着目しているが、下記に示すようにとらえ方であり、新生血管の有無に着目している。 「なぜ委縮型AMDに目を向けるか」という切り口であり、特に「萎縮型AMDに対する治療薬」に大いに期待したのだが、 は、一瞬提示されただけであった。治験進行中であり、あまり話す内容がなかったのかな?「萎縮型は失敗続 […]

1 6