2021年

1/5ページ

第68回神戸眼科臨床懇話会を受講しました(レンティスコンフォート関連)

ほぼ2年ぶりの実会場での勉強会でしたが、受講者はまばらだった。 演題は、稲村眼科クリニック 稲村幹夫先生による、「最近の単焦点・多焦点レンズ選びと私の経験」 稲村先生も息の長い先生である。白内障サージャンは、昔の名前で出てる人が多い。手術方法の根幹部はあまり変わっていないからだろう。 レンティスコンフォートに関する話題が主で、 遠方・近方をしっかり見たい人にはコンフォートは難しい。中間距離が大事な […]

近視の鍼灸治療について

鍼灸により、近視を治療する?!という話を聞いたので少し調べてみた。 Acupuncture for adolescents with mild-to-moderate myopia: study protocol for a randomized controlled trial (nih.gov) によると、 中国では近視治療に鍼が広く使われている。 しかし、中国以外では疑問視されているので、効 […]

第8回兵庫県眼科オープンカンファレンスを受講しました。

東京大学講師小畑亮先生の「加齢黄斑変性の薪炭度長期管理、病診連携」について書く。 東大眼科では萎縮型AMDに着目しているが、下記に示すようにとらえ方であり、新生血管の有無に着目している。 「なぜ委縮型AMDに目を向けるか」という切り口であり、特に「萎縮型AMDに対する治療薬」に大いに期待したのだが、 は、一瞬提示されただけであった。治験進行中であり、あまり話す内容がなかったのかな?「萎縮型は失敗続 […]

クボタメガネについての感想文

患者さんから「クボタメガネについて知っていますか?」と問われたのだが、不勉強より識らず、調査してみた。⇦貴重な情報ありがとうございました。 Googleると、窪田製薬の“近視矯正メガネ”、2021年中に台湾でまず販売へ 価格は50万円以下にが上がってくるのでさっそく読む。 「通常眼軸長は年齢とともに伸びる、もしくは成長が止まるというものであり、人工的な光により眼軸長が対象眼と比較して短くなるという […]

EDoF型の近視抑制コンタクトレンズ

現在のところ、DIMSレンズ(デフォーカス組み込みレンズ)は、日本国内では承認されていない。しかし、デフォーカス機構とは異なった機序のEDoF型タイプのコンタクトレンズはすでに国内承認されている。 そのEDoF型タイプのコンタクトレンズが眼軸長抑制に働くという論文を紹介する。 論文内容を要約すると、 コントロール群と、デフォーカスコンタクトレンズ装用群、EDoF型コンタクトレンズ装用群を対象に近視 […]

レンティスコンフォートWEBセミナーを聴講しました。

2012/10/14(木曜日)、金沢医科大学 佐々木洋先生の講義を受講した。 レンティスコンフォートはハロー、グレア、スターバーストが発生しにくいため、夜間運転する人に適応があることは以前にも書いた。 講義の概要 講義内では、他レンズとの比較画像をシミュレータで作成し発表されていたので掲示する。 上記画像の見え方を要約すると、 単焦点はハローグレアはあまり出ない 2焦点は強いハロー 3焦点は中心部 […]

ロービジョン対策用のデジタルデバイス

RETISSAというロービジョン対策用の電子デバイスが発売され、とても意欲的な商品と感じたのでご紹介する。 この機械は、網膜に直接レーザー書き込みを行って認識させるということで、従来の拡大読書器とは一線を画する。 僕も実際に使わせてもらったが、非常に鮮明な像が見えるので驚いた。 GoolgeGlass などの眼鏡と違った意味での体験も現出できるのではないかと思わせるプロダクトといえる。 Cavet […]

第23回兵庫県眼科フォーラム「眼圧が低いのに進行する緑内障」を聴講しました。

2021/10/2、東北大学中沢徹教授のweb講義を受講しました。 眼圧が低いのに進行する緑内障には以下の3パターンがある。 1.実は眼圧が高い。 ・プラトー虹彩(前眼部OCTで虹彩の根元が立ち上がる所見がある)の場合、緑内障リスクが高まる。 対処:白内障手術を行って水晶体を後方に後退させる。 2.実は血流が悪い。 ・最低血圧-眼圧≦50mmHgだと緑内障リスクが高くなる。 ・高血圧治療薬を内服し […]

コントラスト感度を落とした眼鏡で近視を抑制する。

眼軸長伸長を抑制する方法として、低濃度アトロピン点眼と、オルソケラトロジーを当院では採用している。「DIMSレンズ(デフォーカス組み込みレンズ)の実用化が待たれる」と以前に書いた。 ところが、全く新しい発想の眼鏡が日本の眼科2021年9月号に掲載されていたので、紹介しする。 神経学者Neitzは、健常者においても網膜における強いコントラスト信号が眼軸長過伸展のトリガーとなっており、逆にコントラスト […]

マインドフルネスと緑内障

「瞑想をすると眼圧が下がる」「繊維柱帯における遺伝子発現も変化する」という、やや香ばしい感のある論文を読んだ。 Effect of Mindfulness Meditation on Intraocular Pressure and Trabecular Meshwork Gene Expression: A Randomized Controlled Trial 毎日45分間の瞑想を3週間にわた […]

1 5