オルソケラトロジーレンズ オルソケラトロジー導入しました。新しい近視治療です。 多焦点眼内レンズ 老眼や乱視を治そう!

白内障手術

当院での白内障手術

はじめに

  • 白内障手術とはにごったレンズ(白内障)をとりだして
  • 代わりになるレンズ(眼内レンズ)を挿入する手術です。
  • 現在では手術でただ見えるようにするだけではなく、
  • ●もっとよく見えるように
  • ●患者さんにはもっと楽に
  • 手術をすることに関心が集まっています。

外来で行います

外来手術
  • 健康な方ならば入院しなくて大丈夫です。
  • お身体に若干の不安のある方でも、内科の先生にお伺いの手紙を発行しますので、安心して外来で手術を受けられます。
  • 麻酔は笑気麻酔を併用しており不安感、痛みはほとんどありません

切るのは2.4mmだけ

minimum
  • 当院で行っている白内障手術は、傷口は2.4mmの極小切開手術です。
  • そこから超音波で水晶体を吸引し、眼内レンズを挿入します。
  • 眼内レンズはアクリル製で、折りたたんで挿入します。

すぐに普通の生活に戻れます

  • 仕事は翌日から可能です。運動も翌週から可能です。
  • 入浴は術後二日から可能です。
  • 医学が進歩したため、ずいぶん楽な手術になってきました。

当院の手術実績

手術件数

  • 執刀医(中橋)は勤務医時代から通算して35年以上の執刀経験をもっています。
  • 超音波白内障手術を黎明期より実施しており、現在までに、およそ1万件以上の白内障手術を施行してきました。

手術室はクリーンルーム

手術室
  • 手術室は大学病院の手術室と同様のクラス1万基準を達成する空調設備を導入しております。
  • HEPAフィルター装着の空調機器により清潔な手術環境の維持に、特に注意をはらっております。

手術機器

Alcon社製 センチュリオン
Centurion
  • 白内障手術装置はAlcon社製センチュリオンを採用しています。
  • 同社の超音波手術装置は世界の一流サージャンが使用しているものです。
  • Alcon社のもつ最先端のテクノロジーを集結させた手術装置で、安全かつ侵襲が少ない手術が可能となります。
Leica社製 手術顕微鏡M822 F20
Leica_M822_F20
  • 白内障顕微鏡はLeica社製手術顕微鏡を採用しています。
  • 近年、急速に支持を集めている手術顕微鏡の名機です。
  • 現時点で、最も明瞭な術野視界が得られる顕微鏡といわれています。

眼内レンズ測定装置

Ziess社製 IOLマスター
IOLMaster
  • 現在ではスタンダードとなっている測定機器です。
  • この装置により従来のA-Mode法よりも正確な眼内レンズの度数決定が可能となっております。
  • 度数決定式は最新のバレットⅡ式を採用しております。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

乱視矯正眼内レンズ

乱視矯正眼内レンズ
  • 白内障の手術と同時に乱視も矯正できる画期的な眼内レンズです。
  • 乱視のある方に非常に好評であり、大部分の方がこのレンズを選択されています。
  • 全額、保険適応です。
 
↑ この頁のトップへ